読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜怒哀楽記

喜・怒・哀・楽・を順番にテーマにして雑記書いていきます。

【楽】鍵盤で踊って

これもお父さんと見た映画。

 

ビッグ 製作25周年記念版 [Blu-ray]

ビッグ 製作25周年記念版 [Blu-ray]

 

 

12歳のジョッシュは、好きな女の子がいても、まだいろんなとこで子供扱いされるだけ。

それで、移動遊園地にあったゾルダーっていう占いの機械に25セント入れて、大きくなりたい、っておねがいするの。

そしたら、翌朝、起きたらオトナになってた。

 

っていう、ファンタジー。

 

お母さんに見つかったら、強盗って間違われて家を追い出されて、もー家に帰れなくて。

仕方なく、親友のビリーにいろいろ相談にのってもらって。

またあの占いのゾルダーに戻してっておねがいしたくても、移動遊園地はどこかに行っちゃって。

 

それでニューヨークの役場で、移動先を調べてもらうことにしたんだけど、半年はかかる、ってお役所仕事の返事に途方にくれて。

しょーがないから、戻れる時までオトナとして働くことにして、それで玩具メーカーの面接を受けたら、受かっちゃうんだよねー。

 

子供なんてイヤだ。

早くおおきくなりたい。

 

って思ってたジョッシュは、オトナとして玩具メーカーで働きだす。

そんなジョッシュは、見た目はオトナでも中身はコドモ。(どこかの名探偵と反対)

 

ぜんぜんオトナっぽく振る舞えないまま、ある日、オモチャ屋さんに寄って、そこで床にひろがってる「踏むと音がでるピアノ」を見つけて。

 

これが楽しくて、ジョッシュはオトナのカラダのまま、その鍵盤をいろいろ踏んで遊びだす。

だんだん、ステップでメロディ作ってってね。

 

それをたまたま見てた、ジョッシュが働いてる玩具メーカーの社長さんも、飛び入りしてきて、ふたりで鍵盤ダンス。

 

なんでか動画貼りつけのとこでURL検索してもヒットしないのでURLだけ。

http://www.youtube.com/watch?v=szQFJ0oZ2yE

これねー。

(映画のじゃないけど)

 

ここで社長さんの目にとまって、ジョッシュは「コドモの発想」をいろいろ気にいられ、出世してっちゃう。

 

そして社内の美女スーザンと恋愛して、えっちまでしてオトナの体験しちゃう。

 

夢にまでみた「オトナの暮らし」だけど。

でも、ジョッシュはやっぱり家に戻りたくて、それでやっと見つかったゾルダーにおねがいして、また12歳の少年の世界に戻っていく。

 

恋愛相手のスーザンを一緒にこないか誘うんだけどね。

スーザンは、ジョッシュのコドモっぽい純真さを好きだったからね。

 

だけど、スーザンは、それを断るの。

スーザンにとって、12歳はいちど通った道で、またそこには戻る気にはならないから。

 

スーザンにとって、自分の12歳の世界は、そんなにキラキラしてなかったのかなー、って思った。

だから、純真なジョッシュに惹かれたのかなー、って。

 

ジョッシュは、12歳でいた時の世界で片思いしてた女の子には、「コドモすぎて」相手にされてなくて、オトナになりたくて。

オトナの世界のジョッシュは、そのコドモっぽさを愛されて、でもそーいうオトナでいるより、ほんとのコドモの自分に戻っちゃう。

 

結局、ジョッシュはカラダはオトナになっても、中はオトナになりきれず、コドモのままだった。

 

オトナっていうのは、一晩でなれない。

コドモからオトナまでの時間が、コドモをオトナにする。

その時間がどんなものか、スーザンは知ってたから、ジョッシュと一緒のコドモの世界には戻れなかった。

 

そんなジョッシュがオトナの世界に残したのは、「コドモの楽しさ」。

オトナの視点でいろいろ子供用のオモチャを作っていた会社に、そのままコドモの感覚を持ち込んで、「コドモの楽しさ」をオトナに思い出させた。

 

私も音のでるおっきなピアノで、鍵盤ダンスしたいー。

すっごい楽しそー。

 

っていう、すっごいすっごい楽しい憧れ、ワクワク抱いた映画でした。

 

 

この演奏もすごいよねー。

 

 

BIG : ねぇ、トム・ハンクスさん、ここでペプシコーラを飲んだら、願いがかないますか…?!

 

こんな記事も見つけた。

映画見た人にはわかるよねー(^_^)

 

 

 

 

f:id:luvlife:20131203184749p:plain