読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜怒哀楽記

喜・怒・哀・楽・を順番にテーマにして雑記書いていきます。

【哀】アンタッチャブルな罪

ツイッターのタイムラインで「刑事コロンボ」の話が出てて、それでひさしぶりに見たいなー、って思った。

 

お父さんとお母さんが好きで、だから私も、子供のころから一緒に見てたからねー。

 

そしたら、この前、ラジオ番組で「刑事コロンボ」のことやってて、解説と一緒にテーマ曲が流れてた。

 

コロンボは、最初に犯人が出てきて、殺人をする。

その犯行シーンがちゃんとあきらかにされたあとで、コロンボが登場して、犯人といろいろからみながら、少しずつ真相をつきとめていく、っていう展開。

最後は犯人が逮捕されるんだけど、コロンボは殺人なんてやった犯人に憎しみをぶつける時もあるし、殺人をした犯人だけどその人を嫌いになれない時もある。

 

そんな、だいたい決まったパターンでつくられてるドラマだけど、ひとつ、ちょっとラストが変わっているのがある。

 

「忘れられたスター」

っていう、作品。

 

刑事コロンボ 32話「忘れられたスター」 // ブログ 刑事ぼろんこ

※アマゾンでDVDの画像が出てこなかったので、人のブログで作品紹介。

※このブログでもネタバレしてるけど、私のこの記事もネタバレがあります

 

かつてスターとして輝かしい活躍してた女優グレースが、いろいろあって、引退みたいに追い込まれて。

でも、年とってから、またスターとして復帰を夢みる。

結婚した相手は資産家のお医者さん。

だから、復帰の資金はぜんぶ夫に出してもらうつもりでいたけど、夫は復帰をぜったい許してくれなかった。

それで、グレースは夫を殺しちゃう。

 

そして、コロンボが登場して、これは妻の犯行じゃないかって疑って、少しずつグレースを追いつめていく。

グレースは、そんなコロンボにイライラして、いろいろ言い訳を重ねていく。

 

コロンボは、グレースの言い逃れができない証拠を掴んでいくんだけど、その証拠探しの途中で、殺された夫がグレースの復帰を拒んでいたほんとうの理由を知っちゃう。

グレースの脳には手術が不可能な血腫があって、いつ破裂して死ぬかもしれない身。

だから激しいダンスなんてぜったいできるカラダじゃなかった。

 

夫を殺したあと、コロンボに追いつめられていくあいだも、グレースの脳の疾患は悪化し続けてて。

最初は故意に犯行をとぼけてて、コロンボにいろいろ言い訳してたけど、そのうち、ほんとうに自分が夫を殺したことまで忘れていって。

 

コロンボがグレースを逮捕できる時になって、グレースは自分の犯行をぜんぜん覚えてなかった。

 

逮捕されなくても、まもなくグレースは死んでしまうカラダ。

だから、グレースをずっと愛してた、かつてのスターのコンビの片割れだったネッドが、

「自分がグレースの夫を殺した」

って、自白する。

自分の犯行の記憶がなくなっちゃってるグレースは、そんなネッドの身代わりの自白を信じて、「自分の夫を殺した」ネッドに涙する。

でも、それすら数秒後にはグレースは忘れてしまって……。

 

コロンボは、グレースの犯行だっていう証拠をつかんでいるのに、グレースを逮捕できなかった。(わざとしなかった)

 

グレースが夫を殺した、っていうことは、第三者の目から見てあきらかな事実。

でも、夫を殺した、っていうことを忘れてしまったグレースの中には、自分の罪の事実がない。

 

罪の記憶がなくなれば、その人の中では、「罪」そのものが存在しない。

 

グレースは、記憶を失うことで、潔白になっちゃった。

客観的にはぜんぜん潔白ではないんだけど、だれも罪の記憶をなくした人に、その人の罪をつきつけれなくなる。

 

グレースは自分がおかした罪の事実に対して、なにひとつ償いの意識をもたないことに、どんな疚しさも抱かない。

だって、グレースは「自分は夫を殺してない」って、心の底から思っているんだから。

 

自分がやったことは、その自分が記憶にとどめておかなければ、「やってないこと」になる。

 

どんなに人を傷つけたり人を殺したりしても、それを覚えていなければ、その人の傷もその人の命の喪失も「他人事」。

 

罪の記憶をなくした人のおかした罪は、とっても最強。

その罪に、もーだれもタッチできなくなる。

アンタッチャブルな罪。

 

もし、客観的な罪の事実によって、その罪をおかした人を罰したとしても、罪の記憶がなくなった当人にとっては、自分が被害者の意識になるだけだよね。

 

「なにもしてないのに逮捕された」

「なにもしてないのに批難された」

「なにもしてないのに」

 

自分のしたことを覚えていれないのは、罪だけが消えるわけでなくて、その人のそれまでの時間が消失しちゃう。

 

第三者の目には、たしかにその人はそこにいるのに、その人の中では自分の軌跡の記憶がなくなってて、その人は自分の中で自分を消してしまう。

 

それは、哀れでもあるけど、とても哀しい。

 

消えた記憶を、外部がどんなに追って、探って、つかまえよーとしても、外部の人がつかまえたそれは、その記憶をもともと持っていた本人にとっては、それが自分のもの、ってこともわからない。

 

自分の記憶なのに、その記憶について他人がどんなに言語化しても、その記憶をなくしまった人には、それが自分のことだとぜったいわからない。

 

わからないから、その罪の糾弾を自分でもしちゃう。

グレースも、グレースをかばってウソの自白をしたネッドに、なんで夫を殺したのかってなじった。

 

自分の罪を、自分のものだとわからなくなると、その罪を掲げて、ちがうだれかをなじっちゃう。

 

この哀しさをコロンボはわかったから、コロンボはそこでグレースには通じなくなった正義をかざさなかった。

グレースを逮捕しないで、グレースを罪人にしなかった。

 

黒い記憶をなくしただれかの白さを、そっとしておく。

これも哀しい慈悲。

 

 

 

 f:id:luvlife:20131231192233p:plain